2009年09月28日

ゴーストフィルム・ジャパン#22/不気味な音

20090927_gosuto_01.jpg

TV 番組を見る


やらせザンゲ企画「本当にあった怪談特集その2」

女流教師・星野しずくが語る「不気味な音」。
星野が実際に体験した、自宅アパートで起きた戦慄の音とは!?

以前、私が住んでいたマンションの部屋は、
夜中にしょっちゅう爆音が鳴り出す、とても迷惑な部屋でした。

というのも、突然、私の部屋だけ、ベランダにある非常ベルが
爆音で鳴り出すんです。

でも、誤作動。
1階だったので、ベルが鳴り出すと、近所の人がやってきて
ベランダから「大丈夫ですか!?」と声をかけられ、
「誤作動みたいです!」

「え?」
「誤作動!誤作動です!」
「え?」
「だから・・・」
と大声を張り上げ合っているうちに、
何台もの消防車がウーウー言いながら、こちらも爆音で到着。

結局、湿気によるベルの誤作動とかなんとかで、
来て損した感をだしながら帰っていく・・・
ということが何度も行なわれました。

しかも、ダサいパジャマを着ている時に限って・・・
せめて、普通のスウェットのときに鳴ってほしかったです。

2009年09月13日

ゴーストフィルム・ジャパン 第21章

20090911-3.jpg


TV 番組を見る


“恐怖という極限状態の中で人間はどうなってしまうのか!?”を
テーマにお送りしてきた『ゴーストフィルム』。

しかし、やらせ発覚・・・度重なる不祥事により、番組存続の危機に・・・
これまでの失態を懺悔すべく、今回は実力派怪談師による
“本当に怖い怪談”をお届けします・・・。

怪談イベントって一度行ってみたくないですか?
イベントではいろいろな演出があるようなので、
お客さんみんなでビビって、
修学旅行の夜のスケールでかい版のような気分になれるんじゃないかと
勝手に想像しています。

しかし、先日ある番組をみていたら、
ある怪談師のトークイベントでは、怖い話がMAXに盛り上がる部分で、
いっきに客席の冷房の温度を下げて涼しくし、
恐怖を錯覚させると、暴露していました。
こんな裏話、大々的にバラしちゃっていいのかと、こちらが心配になりました・・・。

ちなみに、ある若手芸人は、ライブで逆に冷房を切って
お客さんをトランス状態にさせると、
後半の笑いの“のびしろ”が全然違うと力説していました。
・・・が、前回のライブでは、冷房関係なく どんずべり。
暑いわスベるわの二重苦で幕を閉じました・・・。

2009年08月26日

ゴーストフィルムジャパン#20/明かされる悲しい過去

20090825_go-suto_01.jpg


TV 番組を見る



今回は関東某所になる廃屋に、番組史上初となる

家族が一泊!!


しかし、次々と明らかになる”やらせ”の実態


ディレクターが語り始めた”やらせ”の理由とそこに

込められた想い・・・そして事実を知ったピエール瀧は一体!?


今夜すべての事実が明らかに!

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。